1964年に高圧ジェットポンプを開発して以来、50年以上にわたり、ウォータージェット技術の向上と普及に努めてきた株式会社スギノマシン(本社:富山県魚津市)。ウォータージェットとは、水を数MPa~数百MPaまで昇圧し、ノズルから噴射することで発生する、音速以上(マッハ1~マッハ3)の高速噴流のこと。圧力と流量を調整することでその性質を変え、切る、穿つ、剥ぐ、斫る、洗うなど、様々な作用をもたらすウォータージェットの活用領域はどんどん広がりをみせています。

そうしたウォータージェットの技術を活用し、業務用の冷凍ケーキやチョコレートを実際にカットする同社の動画がアップされ、現在、大きな注目を集めています。

水で切る!?  ケーキやチョコ、羊羹、果物、野菜、寿司も自在にカット!!
https://www.youtube.com/watch?v=U7dHqy0Sr7I&t=2s

もともと食品業界にも導入されているウォータージェット。超音波カッタや回転刃では難しい、自由形状のカットが簡単にキレイにでき、かつ刃こぼれがないなど、安全面からも水の刃による切断が評価されていました。

このたび公開された動画では、冷凍ケーキ、チョコレート、生野菜、羊羹などのお馴染みの食材が、ハートやスペード、音符や漢字(寿の文字)など、好みのかたちに自由自在にカットされていきます。

同社によると「コロナ禍で在宅時間が長くなり食事のデリバリーが増加するなか、スイーツや食材をより魅力的に見せることで、食事の楽しみや喜びに繋がることを期待している」とのこと。イベントや季節にあわせた「食」を提供する、世界の企業やメーカーに知ってもらいたい技術です。


株式会社スギノマシン
https://www.sugino.com/

YouTubeスギノマシン公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCB1XOQXPobsJsDPKuMHYl4g

この記事をSNSでシェアする