三谷産業株式会社(本社:石川県金沢市)のグループ会社であり、主に化学品および食品添加物などの販売を行う株式会社ミライ化成(本社:長野県千曲市)が、ベトナムの食品を専門に扱う食品ECサイト「Vimishop」を11月にオープンさせました。

ミライ化成は、ベトナム人実習生の監理団体「オレオウ・ベトナム事業協同組合」に組合員として参加しており、2017年より長野県内の企業に勤めるベトナム人実習生の生活を支援。現在、およそ 130人のベトナム人実習生をサポートしているそうです。

そうした中、ベトナム人実習生から「日本ではベトナムの食材や調味料の値段が高くて困る」という声が上がったことをきっかけに、ミライ化成のベトナム人社員が中心となってプロジェクトを立ち上げ、ベトナム食品を安価に購入できるECサイト「Vimishop」を開設。

食を通してベトナム人実習生の生活を豊かにすることを目的に、ミライ化成が所有する倉庫を活用して在庫を管理するなどコスト低減に尽力した結果、一般的なベトナム食品の物販店より2割ほど安い値段で販売することが可能に。さらには、クレジットカードを持っていない実習生が多いことを考慮し、代金引換での決済も利用しやすいよう代金引換手数料や送料を通常よりも安く設定。ベトナム語表記と日本語表記が選択でき、全国への発送もできるようになっています。

実際の利用者からは「値段が安くてとても助かる」「品質もいい」「Vimishop は日本の会社が運営していることが分かっているため安心できる」との喜びの声も。「もっと品数を増やしてほしい」という声も上がっているそうで、ミライ化成の社員であるグェン・ティ・ハンさんは「これからはさらに品数を充実させ、将来的には『Vimishopで生活に必要なものがすべて揃う』という状態にできたらいいなと考えています」とコメントを寄せています。

暮らしやすい環境、働きやすい環境を自分たちの手でつくり、広げていく。ベトナム人社員が発案したことをカタチにしたミライ化成、三谷産業グループの試みは、企業と実習生の関係、これからのグローバルな時代に向けた良いお手本となりそうです。

運営メンバーの皆さん。前列右にいるのがミライ化成の社員のグェン・ティ・ハンさん。


Vimishop
https://vimivn.myshopify.com/

Vimishop Facebookページ
https://www.facebook.com/vimishopnagano

株式会社ミライ化成
https://www.miraikasei.com/

三谷産業株式会社
https://www.mitani.co.jp/

この記事をSNSでシェアする