北菱電興株式会社

北菱電興株式会社

基本情報

住所金沢市古府3丁目12番地
業務内容電気・電子機械器具の販売、電子機器・各種制御システムの開発・設計・製造、建設業設備工事の設計・施工管理、農業事業、和楽器事業など
従業員数316名(グループ計362名)
創業1947年(昭和22)1月
資本金1億円
営業時間8:15~17:15
休日休暇完全週休2日制(土・日曜)、リフレッシュ・有給・慶弔・育児・介護などの各休暇
担当者総務部 野口 TEL 076-269-8512

基本理念

「創意工夫」

タイムスリップ 時をかける会社!

三菱電機の代理店として金沢市青草町で創業。電機品の販売に始まり、電設工事や自社製品の開発などこの70年間でさまざまなものを手掛けてきた。
1984年(昭和59)、現在地に本社を移転。日本経済が不安定な時でも時代を先読みし、創業以来積み重ねたノウハウと最先端技術を組み合わせた革新的な事業を次々と展開。北陸を代表する企業として成長してきた。最近では、マイクロ水力発電を活用したイチゴ栽培や、自社開発のチューナーを内蔵した現代の和楽器「NEOKOTO輝」などで知られる。最先端のシステムや情報技術をお客さまに提供するために、メーカー研修や資格取得制度など、社員は日々スキルアップに励んでいる。

1956年(昭和31)に片町に移転した本社。昭和末期から平成初期にかけてはペイテルシステムなどを販売していた。2019年:既存の商社・建設・製造事業に加え、IoTソリューションの提案・開発、太陽光発電所事業やマイクロ水力発電を利用した農業事業なども展開

My future ! 教えて!センパイ!

谷 英恵

若手

総務部谷 英恵

2019年入社

広報・新卒採用担当として社内イベントを取材したり、会社説明会では若手ならではの視点で会社の魅力を学生にお伝えしています。入社間もない頃からいろんなことに挑戦でき、毎日が充実しています。

川端 亜希子

中堅

開発部 主査川端 亜希子

2003年入社

熱心な上司の下で営業経験を積み、2年前に一般職から総合職に。上司からは「間違っても大丈夫だから」と励まされ、どんな仕事も思い切って挑戦できました。社内連携を密にし、良い製品を届けたいです。

高橋 仁美

ベテラン

総務部 部長高橋 仁美

1994年入社

総務や営業などを経て2年前に現職に。途中、産休・育休も経験しました。この会社には成長したい社員の思いを汲んでくれる社風があります。挑戦する意欲溢れる社員を力いっぱいサポートしていきます。

My future ! 教えて!センパイ!

北川 紘基

若手

空調部北川 紘基

2016年入社

学校や工場といった施設の空調設備の設計・施工管理の仕事です。現場では外部の業者の方ともやり取りがあり、的確な指示出しが求められます。経験を積み、堂々と現場を動かせるようになりたいです。

金谷 謙佑

中堅

電子情報通信部 主査金谷 謙佑

2012年入社

半導体や電子部品の営業と、台湾の関連会社から輸入した製品の販売を担当しています。お客さまの要望を細かくリサーチし、それにお応えする形で競合他社を凌駕し受注できた時の喜びは営業の醍醐味です。

酒元 一幸

ベテラン

企画本部新規事業企画室 室長酒元 一幸

1996年入社

昨年末に新設された部署で、多様化する社会において当社が進む未来を社内外に示すミッションを掲げています。外部企業とも連携し、会社と若い人材の付加価値を高めるアイデアや技術を探っていきます。

密着! 若手社員1day

若手社員の1日を見れば、その会社の充実度がわかる?!

機器部谷口 幹弥

産業用機械(FA機器)のモーターの営業を担当。お客さまの立場になって考える提案を心掛け、新商品のPRやさまざまな案件の舵取り役を務める

谷口 幹弥
出社 7:40:毎朝元気に出勤。その日の予定を頭の中で整理、ミーティング 8:15:課内で各自その日のスケジュールを共有。朝礼の日も、電話対応 9:00:お客さまと電話で打ち合わせ。メールもてきぱき対応、営業へ 13:00:昼食後、お客さまとの打ち合わせのため外出。安全運転で、帰社 16:00:お客さまからの問い合わせを確認。見積を作成、帰宅 18:00:趣味のラグビーで汗を流す。学生時代は国体に出場!

僕のサクセスストーリィ

新しいシステムの開発は、手間や時間がかかり大変な時もあります。それでも、どうしたら楽しくなるのか自分なりに工夫し、何事もまずは挑戦してみることを心掛けています。

開発部 主事長谷 侑哉

2016年入社

各種ソフトウェアの開発を担当。デジタル技術を駆使して新しい価値を生み出したいと意気込む

長谷 侑哉
2016年:開発部へ。技術力と提案力を磨くぞ!、2017年:産業機械制御の組み込みソフト開発、2018年:除雪車を管理するIoTソリューション開発、2019年:クラウド・IoTを活用した開発を展開

ジマンのシゴト

2018年に開発チームのリーダーを担当した除雪車管理システム「スノプロアイ」。加賀市に導入され、IoTを活用して地域の課題を解決。メディアにも取り上げられました。