アーク引越センター北陸

アーク引越センター北陸株式会社

基本情報

住所金沢市高畠3丁目237番地
業務内容引越サービス業
従業員数120名(パート含む)
創業1987年(昭和62)2月
資本金1,000万円
営業時間8:00~21:00
(勤務時間は職種により異なる)
担当者青山 TEL 076-291-0003

企業スローガン

ちゃんとしたお引越し

タイムスリップ 時をかける会社!

1987年(昭和62)2月に現社長の西野裕一が名古屋で義兄が営んでいたアーク引越センターのフランチャイズとして創業。当時は全国的に引越専門業者が増えていた時代でテレビCMも数多く放映されていた。社長の他、営業2名に受付1名の4名で金沢市の新神田で創業した後、翌年に間明へ事務所を移動、その翌年には現在地で自社ビルを建築するなど事業は順調に拡大。引越といえば、朝からスタートして1日1件が一般的だったが、当社ではお客さまのご要望に合わせながら1日に複数件を対応することでコストの削減を実現。多くのお客さまにとって数十年に一度、わずか数時間の引越作業を心をこめて行うことでファンを獲得し、次へとつなげてきた。

1989年:創業から2年後の平成元年に現在地に移転、社屋を新築した。2019年:事業は順調に拡大し現在は北陸三県と新潟、長野エリアをカバーしている

トップインタビューこれが会社の目指す道!

わずか数時間の人間関係を大切に

引越業は運送業ではなくサービス業です。少しでもお客さまが利用しやすい、喜ばれる引越を目指してきました。私たちの仕事は決まった商品があるわけではなく、日常的に使うものでもありません。多くの人にとって一生に何度かだけ利用するもの。20年、30年に一度だからこそ、笑顔で気持ちよく作業が終わることができるように、人とのつながりを大切にしてきました。それが結果的に新しいお客さまを紹介いただけることにもつながりました。若いスタッフが汗びっしょりで頑張る姿は感動的ですよ。技術よりもわずか数時間の人間関係を大切に、そこに価値を見出しました。
私は他の事業にも関わっており社内にいないことも多かったのですが、社員たちがその間も「自分ごと」としてがんばってくれたお蔭で無事に30周年を迎えることができました。今後は社員各々が活躍できる場を提供し、スポットライトをあてていければと思っています。自分の場所で、現状に流されるのではなく、夢を追いかけられるような方の入社をお待ちしています。

代表取締役社長西野 裕一

1951年生まれ

幼いころから魚釣りが大好き。10年ほど前から「攻めの釣り」に。夫婦でゴルフも楽しんでいる。

えっへん!ワガ社のジマン!

毎年のように開催される社員旅行です。5つの拠点の社員が集まり、いくつかのグループにわけて実施しています。今年(2019年)は、希望によりハワイと福岡・長崎へ。フリータイムが多く、ハワイ組はゴルフやマリンスポーツを堪能しました。福岡・長崎組はヤフオクドームでの交流戦を楽しみました。ふだんはあまり顔を合わせることがない他支店のメンバーと交流できる機会でもあります。毎年の旅行先は社員のアンケートで決めています。来年も行けるようにがんばります!

毎年開催される
社員旅行はみんなの楽しみ

北陸本社 営業部 石井 大翼

僕のサクセスストーリィ

6月から支店長に就任。まだまだ分からないことばかりですが、ずっと勤務していた福井支店なのでコミュニケーションはばっちり。北陸本社に負けない規模を目指したい!

福井支店 支店長越村 武史

2011年入社

別の業界から引越業へ。就職早々福井支店に異動となり年間1000件を訪問する営業マンに。6月に支店長に就任

越村 武史
2011年5月:入社。1カ月の現場研修後、営業へ、2011年8月:福井支店へ異動。営業として独り立ち、2015年:福井支店で営業主任に、20019年6月:福井支店の支店長に就任

ジマンのシゴト

役所や福祉施設など、大規模な施設の移設を担当したことです。すぐに業務ができるように事前に何度も打合せを重ねました。うまくいったときの達成感は格別です。

密着! 若手社員1day

若手社員の1日を見れば、その会社の充実度がわかる?!

北陸本社 業務部市谷 翼

入社して8年目、引越業務のリーダーとしてスタッフをまとめる。会社は明るい雰囲気で働きやすい。荷物の運搬で鍛えた立派な筋肉の持ち主。

市谷 翼
出社 8:00:マイカーで通勤。ユニフォームに着替える、朝礼 8:10:当日、参加できるメンバーで朝礼、出発 8:30:会社を出発。トラックの運転も行う、引越作業 9:00:お客さまにだんどりを伝えて運び出しを開始、片付け 16:00:会社にもどり洗車、掃除、倉庫の整理など、帰宅 17:00:着替えて帰宅。今日もよく働いた!