株式会社中島商店

Like

業種:
繊維・紙・パルプ、専門店
本社:
石川県
設立:
1932年(昭和7)
資本金:
3,000万円
従業員数:
49名
事業内容:
紙卸商

株式会社中島商店

コーポレートサイト

採用情報

採用実績

採用窓口

採用担当 総務部 飛弾 勝廣
住所 〒920-0906 石川県金沢市十間町8-1
電話番号 076-261-8286

会社紹介

紙の新たな価値や可能性を提案し続けます!

中島商店は、創業157年目を迎える紙卸問屋です。「不易流行」と「三方よし」の精神のもと、時代に合わせて取り扱う商品を変えながら、売り手と買い手、そして世間との関係を築いて参りました。近年、一段と進むペーパーレス化などの影響は大きく、今後のあり方が問われています。一方では、脱プラスチックなど環境に配慮した動きが再び広がりをみせています。国連が掲げる「UN SDGs」の達成に向け、我々もその一役を担うべく、「リサイクルの優等生」と言われる「紙」の魅力や役割を改めて皆様に理解いただけるよう活動に取り組みます。

現在、世界的な新型コロナウイルス感染症の拡大が、石川県の経済や文化に非常な影響を与えています。紙は「敷く」「載せる」「包む」「巻く」など様々な用途によって、石川県の伝統文化、工芸、食などと関わり、共に価値を高めて参りました。今後も、弊社が約50年間企画・運営を続ける金沢ペーパーショウを通じ、Withコロナ、Afterコロナの社会に向けた紙の新たな価値や可能性を提案します。

1分でわかるわが社POINT

創業150年を超える老舗企業

創業は加賀藩時代の1863年(文久3)。金沢の中心部に位置する本社屋は世界平和記念聖堂や日生劇場などを手がけた日本を代表する建築家、村野藤吾による。

北陸を中心に各地に広がる販売エリア

北陸3県、新潟、滋賀、京都のほか、東京を中心に関東でも営業活動を行っている。主力商品の紙や包装資材をはじめ、板紙も広く扱っている。

環境に配慮した製品を提案

環境に配慮した紙・包装資材や様々な商材を扱っている。最近ではバナナの皮から作られるSDGsの17のゴールをクリアした「バナナペーパー」を積極的に提案している。

@22年卒 ミライの働き方

営業担当にはタブレット端末を配布、外部から必要な情報にいつでもアクセスできるシステムを構築。テレワークの推進に役立っているほか、お客様からの問合せにも迅速に対応できると好評だ。情報の共有や担当変更の引継ぎもスムーズに行えるようになっている。紙製品の卸売ばかりではなく、文書管理やWEB会議の導入、活用事例の提案も進めている。

タイムスリップ 時をかける会社!

藩政時代から続く紙商い

株式会社中島商店は2013年(平成25)、創業150年を迎えた。加賀藩13代藩主前田斉泰治世下の1863年(文久3)、金沢近郊の紙漉きの山里加賀二俣で作られた和紙の取り扱いが商いの始まり。近代に入って現在の十間町に本店を置き、明治から平成まで至るも一貫して地域の紙商いに徹してきた。

ITが生活に浸透し紙の存在が軽くなりがちな現代、依然として『主力商品は紙』だが、数年前からは環境関連の業務開拓にも努めている。最近は地球環境にやさしいということで脱プラスチックの流れがあり、紙素材が見直されている。中島商店も容器等に使う紙素材を提案することで新たな商品開発を心掛けていきたいと考えている。

My future ! 教えて!センパイ!

1972年(昭和47)から毎年金沢ペーパーショウを開催しており、2019年で48回目を迎えました。お客様や市民の皆様に多種多彩な紙に触れていただき、紙漉き体験や紙を使った遊びなどを通して紙の力や紙の可能性を広く知っていただく努力を重ねてきました。

最新の紙を展示する一方、全国各地の手漉き和紙、越前和紙を使ったウエディングドレスを展示したこともあり、日本の良き紙文化を紹介する役割も担ってきました。

これからもお客様のニーズに応える紙、時代の先を行く紙を紹介し、紙の新しい使い方を提案していきたいと思っています。