Windowsで動画編集するには

ムービーメーカーがなくなった?

かつてはWindowsには「ムービーメーカー」という便利な動画編集アプリが標準で入っていました。なのでいまでもWindowsで動画編集といえばムービーメーカーと思っている人も多いでしょう。いつの頃からプリインストールはされなくなりましたが、マイクロソフトのサイトから無料でダウンロードができました。しかし2017年にムービーメーカーは公開が停止され、使えなくなってしまいました

Windows10には動画編集アプリが入っていない?

Windows10には当初動画を編集するアプリがありませんでしたが、アップデートにより「フォト」で動画編集ができるようになりました。フォトはは写真や動画を整理するアプリですが、写真を使ってスライドショーのように動画を作ったり、撮影した動画に音楽や3D効果を加えたり、手書きの文字を重ねたりすることができます。操作もかんたんなので、ちょっとした動画であればこのアプリがあればじゅうぶんでしょう。

フォトの使い方

マイクロソフトのサイトに説明があるのでここを見てみましょう。ビデオを写真から作成する方法と、最初から作成する方法、そして共有する方法が書かれています。基本的には写真や動画を読み込み、順番を並べ替えたり効果を加えたり文字を入れたりするだけです。

フリー素材の写真と動画を使ってサンプル動画を作ってみました。このアプリを使うのははじめてでしたが、10分程度でこのようなサンプル動画を作ることができました。動作も軽快で書き出しも数十秒で終わりました。

活用方法

会社の説明動画を作るのであれば、たとえばパワーポイントの資料を画像で書き出し、それとスマホで撮影した写真と動画を組み合わせればいいでしょう。社長のインタビューなどが入っているとそれっぽく仕上がりそうです。インタビューの中にテロップでキーワードなどを入れれば、プロ顔負けの動画が完成します。

この記事をSNSでシェアする

ビーコネクト編集部
吉田真吾(能登印刷株式会社)

制作でお困りの採用担当の方へ

ビーコネクト編集部では採用活動に関するさまざま制作を行っていますので、制作でお困りの場合にはお気軽にご相談ください。

  • 採用サイトの制作
  • 入社案内の制作・印刷
  • ブースデザイン(チェアポップ、テーブルクロス、タペストリー)
  • ネット広告(SNS、ディスプレイ)
  • 動画の制作
  • プレゼン資料の制作

お問い合わせはこちらから