ウェブサイトの分析ツールとして多くの企業(というかほとんどの企業)で利用されているGoogleアナリティクスですが、導入率の高さに反して、ほとんどの企業で活用されていません。ちゃんと見てますよ!という担当者でも見ているのはセッション数だけだったりします。採用担当者に関係あるの?おおありです。就活生がどの程度サイトを見ているのか、どこを見ているのか、いつ見ているのか、など分析し、それを踏まえてサイトを改善する必要があります。これからいくつかに分けて記事を書いていくので、ぜひ参考にしてください。

なお、この記事は技術者ではなく採用担当者向けに書かれているので、専門的なことが知りたければググってください。採用担当者として知っておくべき最低限のことを解説していきます。

Googleアナリティクスでできること、できないこと

Googleアナリティクスとは何か

名前からわかりますが、Googleが提供している無料のツールです。登録するとトラッキングコードと呼ばれるものが発行され、それをサイトの全ページに貼り付けることでアクセス分析がスタートします。全ページに貼らないと意味がありませんのでご注意ください。また、貼り付けた時点から記録が始まります。それ以前のデータは取得できません。ウェブサイトがCMSと呼ばれる更新システムで構築されている場合には、基本的にはテンプレートにトラッキングコードを貼り付ければ作業は完了します。CMSではなくサイトの場合には、全ページのHTMLに貼り付けなければいけないので手間がかかります。

もしGoogleアナリティクスなど分析ツールが入っていない場合には、制作会社さんにすぐに入れてもらってください。すぐに入れてもらってください(2回言いました)。

Googleアナリティクスの確認方法

自社サイトにGoogleアナリティクスが入っているかどうかわからない場合、サイトのソースコードを確認してください。ブラウザでページを表示し、ページのどこか(テキスト部分)で右クリックすると「ソースを表示」みたいなメニューがあるので、それをクリックするとそのページのソース(HTMLコード)を見ることができます。ぐちゃぐちゃと何が書いてあるのかわからないかもしれませんが、ページ内検索で「google」を探すとコードがある場合には下記のようなトラッキングコードを見つけることができます。「googletagmanager」や「analytics」のような文字列があれば、Googleアナリティクスが入っているということです。


<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-0000000-00"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag('js', new Date());
  gtag('config', 'UA-0000000-00');
</script>

もしGoogleアナリティクスが入っているのに知らなかった、サイトを制作してもらった会社からそんなことを聞いたことがないという場合には、制作会社さんに問い合わせてください。制作会社の方でデータは取っているけど、発注元の会社には伝えていない、ということもあります。その場合には見られるようにしてもらってください。

Googleアナリティクスで取得したデータを見るときにはGoogleのアカウントが必要です。もしアカウントを持っていない場合にはGmailを新規取得してください。Gmailのアドレス=Googleのアカウントです。サイトのGoogleアナリティクスを管理している人にユーザーとして追加してもらうことでサイトのデータを見ることができるようになりますので、管理者にGoogleアカウント(Gmailアドレス)を教えて、ユーザーとして追加してもらってください。このとき、できるだけ「管理者権限」を付けてもらってください。制作会社しか管理者権限を持っていない場合、サイトのリニューアルなどで管理会社を変更する場合にトラブルになりかねません。

Googleアナリティクスでできること

Googleアナリティクスの画面を見ると、左のメニューに「リアルタイム」「オーディエンス」「集客」「行動」「コンバージョン」の5つの項目があります。Googleアナリティクスで分析できる情報は大きく5つに分類されています。それぞれの詳しい説明は別の記事で書きますが、大まかなイメージを把握してください。

項目名 内容
リアルタイム だいたいわかると思いますが、リアルタイムの情報です。いまサイトを何人が見ているのか、どのページを見ているのかがわかります。使い方としては、たとえばテレビ番組で紹介されることが事前にわかっていれば、その時間帯にこのデータを見ていれば、どのタイミングでユーザーが入ってくるのかがわかりますので、イベントの親和性が高いレポートです。
オーディエンス どういう人がサイトを訪問したのかがわかります。いわゆるアクセス数や、ページビュー数、滞在時間、新規と既存の割合、訪問者の地域、PCとスマホとの割合などいろいろなデータがあります。データを組み合わせることで、PCユーザーのよく来る時間帯、東京からのアクセスと金沢からのアクセスとの訪問時期の違いなど、工夫によって面白い情報を得ることができます。
集客 どうやってサイトに来たのかがわかります。どのようなキーワードで検索して訪問したのか、どのサイトからリンクしてきたのか、どのSNSからのアクセスが多いのかなどの情報があります。キーワードについてはGoogleアナリティクスだけではなく、Googleサーチコンソールの設定も必要です。いわゆるSEOといわれる検索エンジン最適化のためにはこの「集客」のデータを分析する必要があります。
行動 サイトに来てからどこを見たのかがわかります。ページごとの閲覧数、ページからページへの経路の情報などがあります。もっとも多く見られているページはどこか、ぜんぜん見られていないページはどこかなどがわかるため、ユーザーのニーズを把握することができます。また経路を確認することで、サイトの回遊性やナビゲーションのユーザビリティなどもわかります。
コンバージョン 成果についてがわかります。コンバージョンとして購入、見積、資料請求、ページへの到達などを設定することができ、それが達成された件数や経路などもわかります。コーポレートサイトでコンバージョンを設定しにくい場合でも、問い合わせや製品の価格表のページなどをとりあえず設定することでサイトの改善のためのデータが得られます。

Googleアナリティクスでできないこと

Googleアナリティクスはサイト訪問者のCookie(クッキー)情報を元にしています。なのでクッキーに含まれていない情報はわかりません。たとえば訪問者の名前や住所などはわかりません。IPはわかるので、他のサービスを利用すれば会社名を調べることはできますが、1件ずつ調べるのは大変なので、訪問している会社名を調べたいときにはMAツールを利用します。MAツールについてはいずれ別の記事を書きたいと思います。

この記事をSNSでシェアする

ビーコネクト編集部
吉田真吾(能登印刷株式会社)

制作でお困りの採用担当の方へ

ビーコネクト編集部では採用活動に関するさまざま制作を行っていますので、制作でお困りの場合にはお気軽にご相談ください。

  • 採用サイトの制作
  • 入社案内の制作・印刷
  • ブースデザイン(チェアポップ、テーブルクロス、タペストリー)
  • ネット広告(SNS、ディスプレイ)
  • 動画の制作
  • プレゼン資料の制作

お問い合わせはこちらから