就活メイクとは

就活メイクには「これが正解!」というものはありません。自分に似合う就活メイクを練習していきましょう。今回は初心者向けのベーシックなメイクをレクチャーしていきます!

動画で見る就活メイク

就活メイクのやり方

保湿

メイクを始める前に化粧水・乳液でしっかりと保湿しましょう。

下地

肌のトーンを整えるために化粧下地を塗っていきます。顔全体に塗ってしまうとかえって崩れの原因になってしまうので、適量を手に取り、毛穴やくすみが気になる箇所を中心にひろげていきましょう。

ファンデーション

リキッドファンデーションやクッションファンデーションはパフやスポンジを使って肌に密着させるように叩き込みましょう。目元や小鼻など細かい部分はパフを折ってトントン塗りましょう。

コンシーラー

クマやシミなどカバーしたい箇所に塗り、指やスポンジでトントンと叩き馴染ませましょう。

フェイスパウダー

仕上げにフェイスパウダーをさっと乗せていきます。テカリや化粧崩れを抑えてくれます。

アイブロー

スクリューブラシなどを使い眉をきれいに整えてから、細めのブラシにアイブローパウダーを取り、色をのせていきます。小鼻と目尻を結んだ延長線上に眉尻を設定するとバランス良く見えるので意識しましょう。眉山は眉頭より高い位置につくり、黒目と目尻の間に山をつくるようにしましょう。

アイシャドウ

まず初めに1番明るいカラーをアイホール全体に広げます。1番濃い色を目のキワに塗り目元を引き締めます。どのような人でも合わせやすく、品の良い印象を与えるブラウン系のアイシャドウがおすすめです。キラキラの粒子が大きく派手なものはNG!

アイライン

鏡を下に置き、伏し目の状態で描くとよりキレイに描けます。目のラインに沿って自然に引きましょう。過度なはね上げや太すぎるラインはNGです。

マスカラ

ビューラーでまつげを根元からしっかり上げ、マスカラを塗り印象的な目元に仕上げましょう。

チーク

付属の小さなブラシは避け、大きめのブラシにとり、頬の高い位置から耳に向けて入れるとすっきりとした印象になります。色はコーラルピンクやコーラルオレンジが肌馴染みが良くておすすめです。

シェーディング

お顔をすっきり小顔にみせるためにシェーディングを入れていきます。額から頬骨、頬骨から顎先にかけて3の字を描くように入れていきます。

リップ

リップはナチュラルでほどよい血色感があるものを選びましょう。唇の形に沿ってぬり、はみ出した部分はティッシュや綿棒でoffしましょう。ツヤツヤとしすぎているグロスはNGです。

おわりに

いかがでしたか?もちろん業界や業種によって必要なメイクは変わってきます。あなたに合った就活メイクを研究していきましょう!

この記事をSNSでシェアする